SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

パワー瞬発系の種目をしている者ですが、6月の大会を前に改めて、練習の計画を練り直そうと思っているのですが、どのような練習計画の組み立て方が無理なく出来ますか?ちなみに現在は、一ヶ月を4つに分け、一週目はタイムを気にして試合形式の練習。二週目は筋力系(ウェイト等を身に着けて練習を行なう)を多めに行なう週。三週目は筋持久力強化(普段は片道のところを往復して実施する)の週。四週目は練習量を若干減らし、疲労を回復・次の試合形式の週に向けて体調を整える週。として実施しているのですが、練習がついつい単調にマンネリ化して、ただただ疲労ばかりが蓄積してしまっている気がします。以前から一度立てた計画に対しての執着心が強いせいか、こなさないと気が済まなくなっているせいでしょうか?疲労が溜まってしまった時の良い積極的休息の方法何か無いでしょうか?現在は軽いランニング若しくは水泳を行なっているのですが。良いアドバイスよろしくお願いします。
6月までほぼ2ヶ月あります。この間に、土台作りから、パワーへの変換への期間が少ないため、1週間に4つの項目を入れていけばいいと思います。
たとえば1週間に4回トレーニングを行うのであれば、

月曜日:筋力系
火曜日:筋持久系
木曜日:試合形式の練習+筋力系
金曜日:リカバリー(ジョギングなど)

の形で行えばいいと思います。それによって、体にいろいろな刺激を与え、またオーバートレーニングを防ぐことができると思います。また試合2,3週間前にはパワー系のスポーツと言うことで、筋持久力の変わりに、試合形式のトレーニング、または最大筋力、パワー形の種目を入れていけばいいと思います。

また疲労がたまったときには、これまで書いてあるように、水泳、バイク、ジョギングなどの有酸素運動を練習後に行うといいでしょう。足のつかればあるときには、練習後に足を水風呂につけるのも効果があります。

また体重をお足すためには、やはり有酸素運動の量を行い、また朝食前に軽い有酸素運動を行うと効果があります。また、食事の種類、食べるタイミング、量なども気をつけるようにもしましょう。揚げ物などの脂肪、糖質を抑え、たんぱく質を増やしてみるといいでしょう。また、ドリンク類もソーダやアルコールを押さえることも重要です。

前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.