SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

長く少年サッカーチームのコーチをしています。大会等が多く、勝つことに非常にウェイトがおかれている気がします。保護者の皆さんも同様です。最初は勝つことのみを追っていましたが、徐々にそれだけでいいのかと疑問を感じています。(少年サッカーチームコーチ)
多くの方にそのように感じていただけたら日本のサッカーも大きく発展する基礎がつくれると思います。小学生年代は大会や試合数が多く、それに追われがちになります。M-T-M(試合-トレーニング-試合)が大切といいながら、M(試合)が多いですね。これは現時点の少年代のスケジュールでは避けて通れないかもしれません。チームには11人の選手のみでなければ、みんなを試合に出すように心がけることが大切ではないでしょうか。それぞれの選手が目標の大会を目指してトレーニングに励めば、子供たち自身はきっと成長することでしょう。これには指導者側、保護者の方々の意識が大切です。勝って学ぶことも多くありますが、負けて学ぶものも数多くあります。試合の中で「楽しみ」「悔しさ」いろんな感情を抱いたところをトレーニングに向けた動機付けにしてあげてください。

少年期の指導者の役割は非常に重要です。様々な局面で「見守る」ことや「忍耐」が非常に大切です。



前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.