SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

私は野球をやっています。以前読んだ本で眼を鍛えることにより野球が上手になると いうことを知りました。それは本当ですか。また動体視力を鍛えたいのですがその方法も教えて下さい。お願いします。
眼を鍛えることで野球が上手になる可能性があります。野球、とくにバッティングではインパクトするまでボールに眼がついていくことが大事です。眼を切らないということです。これをボールに対する追跡力といいます。いわゆる動体視力がいいというのは、追跡する眼の能力が高いことをいいます。

1)したがって、ボールの追跡は眼球で行うので、眼球運動をトレーニングすることが必要です。もっとも簡単なのは、肩幅ぐらいの広さに左右の腕を伸ばし、親指を立て、爪がはっきり見えるようにして、頭を動かさないで、往復で1秒のテンポで眼を動かします。このとき、頭を動かしてはいけません。これを毎日、20往復程度、休憩を入れて2セットやって下さい。左右の幅を変えたり、投球を想定して左を上にするなどの工夫をして下さい。

2)次に実際のバッティングで動体視力を鍛えることも大事です。このためには、通常のボール速度より速いスピードのボールを追跡するトレーニングが効果的です。速いボールが出せない場合には、自分がバッターボックスより前に出る(投手に近づく)ことで、速度を速く感じるようにします。そのようなボールを、バッティングしないで頭を動かさずに、ベースまで追跡するトレーニングは効果があります。バッティング練習のとき、実際に打つ前に、10球を2セット、バッティングしないでボールを眼だけで追跡するトレーニングをして下さい。

前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.