SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

判断能力を高めるには?
 知覚トレーニングとは予測、判断スキルが重要であるオープンスキルのスポーツで、外的な環境の変化に正確かつ素早く対応することを目的に、映像などを用いて刺激に対する判断能力を高めるトレーニングです。言い換えると、予測力、判断力を身につけ、素早く正しく判断する力を高めるためのトレーニングです。

 ビデオなどの映像を使って試合状況を見ながら、そこでの状況判断を様々な方法でトレーニングするものです。たとえば、バッターボックスから投手がピッチングをする映像を撮影し、その映像を見ながら、ボールなのか、ストライクなのか、あるいは、ストレートなのか、変化球なのかの判断を繰り返します。あるいは、一塁ランナーの視線で投手の映像を見て、盗塁のスタートと帰塁の判断を繰り返す場合もあります。守備位置についていて、打者が打つ瞬間の映像を見ながらどこに打球が飛んでくるのかを予測する場合もあります。このように、実際のプレー場面の映像を見ながら状況判断だけ実行するトレーニングです。反応としてはキーボードやボタンを押すもの、あるいは、実際のプレー動作をおこなうものなど様々な方法が開発されています。現時点では、まだ実践的な研究が始まったばかりで、今後の発展が期待されます。

 その中で、いくつかの成果を紹介します。テニスのサービスリターンにおける予測手がかり教示の有無とトレーニング期間の効果を検証した実験では、正反応率を向上させ、著しく反応時間が短縮しました。

 下図に示したように、打つか打たないか(GO/Nogo反応時間)の判断をする課題では、高校生は学年が上がるほど「選球」が素早くなる結果が得られています。また、プロ野球選手はぎりぎりの短時間で判断しており、一流選手ほど無意識に近い状態で判断している可能性が指摘されています。

 現時点は、まだ研究の段階です。これからいろんな場面での状況判断トレーニングとして知覚トレーニングが発展していくでしょう。野球というスポーツの競技特性を考えると状況判断能力が重要であるといえます。頭の中の働き、頭の中のトレーニングの重要性が理解いただけるでしょうか。

 (1)見る力 (2)考える(判断する)力 (3)素早く、正確に反応する(動き出す)力 の3つの視点から、順を追って「より正確に、よりはやく」を獲得するための対策をいくつかあげていきましょう。






前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.