SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

アメフトでディフェンスをやっているのですが、視界が狭く 相手選手が今どこにいるかがわからずプレーについていけません。どういったトレーニングをすれば視界を広く持てるのでしょうか。教えてください。
おそらく眼の前の相手選手に意識が集中してしまっていると思います。それと眼の動きが遅いかもしれません。

周辺視野を広げるトレーニングと眼球運動のトレーニングを行って下さい。周辺視野を広げるトレーニングは、意識を分散させるトレーニングです。たとえば視線は前に向けておきながら歩きます。眼を動かなさないで視野の周辺につぎつぎと見えてくるものを口で言うのです。「左は魚屋でお客さんは3人、右は八百屋で店の人は私を見ている」などのように。単純なことですが、周辺に意識を向けることで視野が広がるのです。

眼球運動のトレーニングは眼の動きを早く正確にするトレーニングです。2003/5/21づけで眼球運動のトレーニングを紹介していますので、それを参考にして下さい。

関連ホームページはこちら
前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.