SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

小5の男児の父親ですが、息子は小1から柔道を始めました。敏捷性の向上を目指してコーディネーショントレーニングを導入したいのですが、どのようなプログラムが良いのでしょうか?教えていただけれが幸いです。
柔道のための敏捷性のトレーニングでは、筋肉の伸展反射を生かしたトレーニングが大切になってきます。

従来型の重たいものをゆっくりあげていくトレーニングではなく、筋肉の適度な伸展後の脱力作用によって生じる、素早い生理的筋反射トレーニングが大事だと思います。

そのためには、まだ小学生ですので、自分の体重を使った徒手的トレーニング、例えば腕立て伏せ、腕立て伏せからのジャンプ、クロスジャンプや懸垂などを正しいフォームと正しいリズムで行っていかなくてはなりません。

フォームは、求心性(身体が丸まってしまい、運動の最後まで力んでしまう)の姿勢ではなく、遠心性(胸が開いた中心軸が立った、動きの最初の部分で加速し、あとは脱力する)の姿勢で行うことが大切です。

運動の最中に動きのスピードとリズムとが崩れてきてから、全身で力んだ頑張りは動きのリズムを壊してしまいます。こうしたことに注意して、以下に紹介するMILのホームページのドリルを行ってみてください。

大切なのは力を入れるのではなく、力を外へ出してあげるような感覚で行い、決して筋肉に力を入れることに意識をおかず、筋肉を反射させるために、力を抜いて行うことです。

以下のトレーニングを選択しながら行ってみてください。
上から順番にマスターしていけばよいと思います。
http://www.mil-1.com/11-drill.htmこのページ掲載している、1、2、3、4、7、8、9、32、34、36、40、45、46、47、49、50、53、55、56のドリルをマスターして行って下さい。

まとめとして、http://www.mil-1.com/11-TRAINING-7.htmのサーキットトレーニングを行います。

関連ホームページはこちら
前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.