SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

はじめまして、よろしくお願いします。
現在子供がサッカーの少年団に入っていてポジションがスイパーをやっています。
ボールをクリアーする際になかなか高く遠くに飛ばすことができません、
何かいいトレーニング方法があれば教えていただけないでしょうか?
また縄跳びのトレーニングはスポーツではすごくいいと聞きますが、どうでしょうか?
最後に練習後・試合後の自分たちで出来るマッサージ方法はありますか?
よろしくお願いします。
お問い合わせありがとうございます。
お子様の年代がわかりませんが、たぶん小学生なのでしょうか。
もし小学生であるならば、「遠くに飛ばすこと」を重要視することはありません。それよりも、ゴロでもいいのできちんと思ったところに蹴ることができること、動きながらもしっかり蹴れる等の技術を身に付けることに時間を割いたほうがその後の年代に進んでから大きな武器となります。

成長の度合いにもよりますが、小学生年代はまだ成長過程にあり、骨格・筋肉等もどんどん成長しています。
必要以上の負荷をかけたりすることで傷害に発展してしまいかねないからです。
少年期のサッカーでこの質問は非常に多いのですが、小さい頃に遠くに投げられなかったものが、大人になると普通にできるようになります。このことが答えになっていると思います。成長過程にばらつきがあるので、他のお子さんが遠くに蹴れると我も我もとなりがちですが、そこはしっかりと成長過程を見極めてトレーニングする必要があります。遠くに蹴る筋力はあとでも付けることができますが、その年代ごとで身に付ける「技術」というものは、後々では身に付けていくのに時間を要します。

縄跳びに関しては様々な話を聞きますが、リズム・筋肉への刺激というような面では有効なトレーニングかもしれません。

マッサージに関しても、前に述べたように、直接筋肉に対してのことというより、コミュニケーションの一環のように行うことで十分です。

プロの世界でもマッサージを要さない選手がいます。食事やストレッチ等、生活習慣がしっかりしていること、自分の体のことをよくわかっている選手に多い気がします。

子供のサッカーの世界は様々なことが見えますが、お子さん自体のことをよく観察してあげることが大切です。

しっかりとした食事、適度な、発育発達段階を見極めたトレーニングを「楽しみながら」「夢中になりながら」行うことがもっとも大切です。

前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.