SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

レジスタンストレーニングは基礎代謝を本当に上げるか?
 先日、ある講習会で、「レジスタンストレーニングによって基礎代謝が上がるとい う先生と、上がらないという先生がいるが、どちらが正しいのか?」と質問されまし た。実際、これまでの多くの研究が、レジスタンストレーニングによって代謝(エネ ルギー消費)が上昇することを報告していますが、これに反論する研究報告もありま す。また、「基礎代謝アップ!」というキャッチコピーがむやみに氾濫している感も 否めません。そこで今回は、トレーニング、筋肉量、代謝の関係について、改めてま とめてみることにしました。

【基礎代謝と安静時代謝】
 代謝は大きく、基礎代謝、安静時代謝、活動時代謝に分けることができます。基礎 代謝とは、生命の維持に必要な最小限の代謝をいい、1)前日の夕食後から12時間以 上絶食、2)横臥位で安静、3)覚醒している、4)室温20℃という条件で測ります。 安静時代謝は、椅子に安静に座っている状態で測り、基礎代謝より20%ほど高くなり ます。これは主に、座位による循環器への負荷と、姿勢維持のための筋活動による増 加分です。基礎代謝は微妙な条件の違いによって変動するため、正確に測定すること がむずかしく、研究でも安静時代謝の方が好んで用いられるようです。

【基礎代謝に影響を及ぼす要因】
 基礎代謝を測るときには、基本的に呼吸筋を除く骨格筋は弛緩しています。したがっ て、基礎代謝は体温維持のための熱生産、神経系の活動、呼吸・循環、肝臓や腎臓の 活動などによりますが、その60%近くは、熱生産とされています。骨格筋は大部分弛 緩しているものの、脱共役タンパク質(UCP-3)というタンパク質のはたらきによっ て熱を生成し、体熱生産のうちの約60%を担っていると考えられています。これらの ことから、骨格筋は基礎代謝のうちの約30%を担っていると推測されます。一方、筋、 肝臓。腎臓、褐色脂肪などでの熱生産は、甲状腺ホルモンや交感神経活動によって高 まりますので、内分泌活性や自律神経活性も基礎代謝に影響を及ぼします。

【筋肉量と基礎代謝】
 一般成人男性では、基礎代謝量は1600 kcal/日ほど、筋肉量は体重の約40%とさ れています。体重60kgの場合、24 kgの筋で1600 kcalの30%、すなわち480 kcal を 生成することになり、単純計算で、筋肉1 kg当たり20 kcal/日程度のエネルギーを 消費すると推定されます。したがって、レジスタンストレーニングによって筋肉量 を1 kg増やすと、基礎代謝量は20 kcal/日程度増える勘定になりますが、これは期 待するほど大きな数字ではないかもしれません。

【肯定的な研究】
 レジスタンストレーニングによって代謝が増えることを具体的に示した最初の研究 は、Pratleyら(1994)によるものでしょう。彼らは、50〜65歳の男性を対象に、16 週間の高強度トレーニングを行わせました。その結果、筋力が約40%、除脂肪量が 約2 kg、安静時代謝が約500 kJ/日(約120 kcal/日)増加しました。すなわち、筋 肉量1kg当たり約60 kcal/日の増加が期待されることになります。一方、トレーニン グ前後で、除脂肪量当たりの安静時代謝を比べてみると、これも有意に増加していま した。そこで、安静時の血中ホルモン濃度を調べてみると、ノルアドレナリン濃度が 約36%上昇していました。このような結果から、トレーニングによる安静時代謝の増 加は、筋肉量の増加と、交感神経活性の上昇の複合効果によるものであることが示唆 されます。その内訳は、上述の熱生産から推定すると、筋肉量の増加による部分と交 感神経活性の上昇による部分が半々くらいとなるでしょう。この研究とほぼ同様の結 果が、61〜77歳の高齢男女(Hunterら、2000)、平均年齢20歳の若年男性(Dolezal & Potteiger、1998)を対象とした研究などでも報告されています。Hunterらの報告 では、1日当たりの総代謝量も12%(約200 kcal)増加し、安静時の脂質代謝(脂質 をエネルギー基質とする割合)も上昇しています。

【否定的な研究】
 一方、レジスタンストレーニングには、代謝を高める効果をあまり期待できないと する研究もいくつかあります。代表的な研究はPoehlmanら(2002)によるものでしょ う。彼らは、若い健常女性に6ヶ月間レジスタンストレーニングを行わせた結果、除 脂肪量は平均1.3 kg増加したものの、1日当たりの総代謝量は全く変化しなかったと 報告しています。安静時代謝はわずかに増加しましたが、除脂肪量当たりに換算する と差が出ませんでした。

【トレーニング方法重要?】
 総合的に判断すると、3〜6ヶ月のレジスタンストレーニングで除脂肪量を2 kg程度 増量し、安静時代謝を40〜120 kcal/日ほど増やすことは可能でしょう。ただ、40 kcalという値は微妙な数値で、統計学的に意味をなさない場合もあるでしょう。安静 時代謝をより増やせるかどうかは、交感神経の活性化にかかっている可能性がありま す。すでにご紹介した通り、レジスタンストレーニングによる交感神経と内分泌系の 活性化には、負荷の挙上速度やセット間インターバルなど、処方に現れにくい要素が 強い影響を与えますので、トレーニングのテクニックが重要になるのではないかと思 います。



前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.