SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

私はソフトテニスをやっています。前衛なのですが、動きが悪くボールについて行けません。それを克服するためには、動体視力と反復横跳びを鍛えた方が良いと聞きました。どうしたら、動体視力と反復横跳びを鍛えられますか?教えて下さい。本気で上手になりたいです。お願いします。
 反復横跳び(敏捷性)のトレーニングは私の専門外なので、ここでは動体視力のトレーニングについて説明します。まず、眼と手(身体)はつながっていることを理解してください。見えている状態のとおり身体が動くことを意味します。したがって動体視力(動くものがはっきり見える)を鍛える必要があるわけです。動体視力は眼球運動(眼の動き)がベースになっています。眼を素早く、ダイナミックに動かすトレーニングの継続が動体視力を向上させます。
 もっとも簡単な眼球運動のトレーニングは、肩幅ぐらいの広さに左右の腕を伸ばし、親指を立て、爪がはっきり見えるようにして、頭を動かさないで、往復で1秒のテンポで眼を動かします。このとき、頭を動かしてはいけません。これを毎日、20往復程度、休憩を入れて2セットやって下さい。左右の幅を変えたり、上下や、斜めにするなどの工夫をして下さい。簡単にできるようになったら、手の幅を次第に広げます。手を広げることでトレーニングの負荷になります。
 継続することが大事です。トレーニングに一朝一夕で効果があるものはありません。このトレーニングも毎日やって、少なくとも2ヶ月継続すれば眼の動きが速くなり、ボールに眼がついていけるようになります。ぜひ続けて下さい。継続すること、これが一番大変ですね。

次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.