SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

ゴルフスイング時体重移動についてです。元来左利きですが右打ちしており、左利きからくる左軸のせいか右よりに体重が残しにくく、トップでの間が取れず振り急いでしまいます。スイングによりかかる力を受け止め右側での間を作るにはどうしたらいいでしょうか。オーバースイング気味です。
ゴルフでは、左利きで右打ちされる方は非常に多いですね。道具の選択が左打ちだと少ないということもございますが、逆に言うなら左利きの感覚を生かすことができるという利点もございます。
右利き・左利きを問わず右打ちの場合、“左→右→左”という体重移動をイメージされると思いますが、これでは元の位置へ戻るだけで十分な力をボールへ伝えることができません。右打ちでは、アドレス時に左側方がボールの進行方向になるわけですからインパクト時はアドレス時より更に左側へ重心の移動が必要になります。イメージとしては、“左→左→もっと左”となります。
ご質問も右側で間を作るためには、右へ重心を作るのでなく、左軸を意識したまま左重心を保っていただくと、自然に右の間を作ることができるようになります。右の意識より左の意識を保ったままスイングされてはいかがでしょうか?

前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.