SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

こんばんは。大学野球で投手をさせてもらってます。自分は高校2年生の時にイップスになりました。 それ以来ボールをうまく投げられずにいます。
イップスは人それぞれによって症状が違うと思いますので自分自身の具体的な症状を説明します。まず、投げる寸前までに手首やそれ周辺の筋肉に力が入ってしまって
リリースポイントは常にバラバラです。また、投げる寸前まで力を抜こうとすると
手首が曲がってしまい、リリースの時点では招き猫のような格好になってしまい、ボールがすべてカーブ回転してしまいます。自分の中では、自然にトップの時に手首が立って腕に意識しなくなれば昔のように投げれるのでは?と思っています。
小田伸午先生と小山田良治先生の知っている範疇で構わないので、どうか自分にアドバイス等を承れればと思っています。よろしくお願いいたします。
イップスで悩まれている方は非常に多いようですね。
このように症状を伝えていただくと非常に助かります。

自分のフォームが目(視覚)からの情報に頼り過ぎてしまい、イメージと動作が一致しないのが一つの要因になっていると思います。

ここでは、逆にフォームやリリースポイントなどこれまでの自分の感覚を一旦すべて無視して投げてみます。一つだけ注意することは、ボールの回転です。ボールの回転がきれいな縦回転で投げることだけにポイントをおきます。

この縦回転、投げれているときは無造作に投げていますが、肩・肘・手首・ボールへの指のかかりなどバランスがとれていて投げることができます。まずは、この回転だけを意識されてはいかがでしょうか。

前の記事へ 次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.