SSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグSSK PRESENTS スポーツポータルサイト ウェブリーグ
トップへ はじめての方 メールマガジン登録 サイトマップ 新規会員登録
 
コミュニティTOPへ コマースTOPへ インフォメーションTOPへ ニュース スポーツ施設 コーチ ライブラリ
コーチ

今日献血に行ってきました。
バスケットをやっているのですが、献血は身体にいいものなのでしょうか、それとも極力控えた方がいいものなのでしょうか?
新しい血を作るから、適度にアスリートは抜いた方がいいとも聞いたことがあります
お問い合わせくださいましてありがとうございます。

わたしたちの体内に9万kmにもおよぶ血管で行き来する血液は細胞組織に酸素や栄養素を運び、反対に二酸化炭素や老廃物を受け取ります。また細菌から体を守るなど、様々な重要な働きをしています。もちろんスポーツにおいても密接な関わりを持っています。

献血すると一時的に血液が減少するため、直後は持久的なスポーツには影響があると考えます。血液量は3、4時間で元に戻りますので、軽い運動をおこなう際の開始時間のめどにすると良いでしょう。

しかしながら、赤血球などの成分が完全に元に戻るまでは数週間かかると言われております。重要な試合や大会の直前は、専門家や監督、コーチにご相談ください。

困った方に自分の血液を提供しようと言う善意の気持ちはとても素晴らしく、敬意を表したいと思います。

また、ご指摘があるように、新しい血を作ることで、結果的に活性化することに誤りはありませんが、コンディションのため、スポーツパフォーマンスのために、血を抜くという行為は個人的には倫理上賛成できるものではありません。

的を得たご返事になったかどうかは疑問ですが、今後のさらなるご活躍を陰ながら応援しております。

次の記事へ
ウェブコーチ
メンタル
ビジュアル
フィジカル
コーディネーション
ビリオダイゼーション
健康
松木安太郎サッカー
コンディショニング
ジュニア
知覚トレーニング
常足(なみあし)入門講座
屋敷 要の「野球書」

このページのTOPへ戻る ページトップへ
Copyright (C)SSK Corporation. All rights reserved.Copyright 2005 SUSUMU MATSUSHITA. All rights reserved.